事務所とmcnについて

ユーチューバーの世界でいう事務所は基本テレビの世界の芸能事務所と同じようなものです。そして、芸能事務所所属の芸能人、タレントマネジメント業務をするのと同様ユーチュ-バーの事務所はユーチューバーのマネジメントしてる会社組織です。具体的マネジメントはコラボ案件、企業案件などスケジュール調整、グッズ販売の諸所、税金関連の処理などをしてくれます。こうした雑務引き受けてくるユ-チューバーの方たちは本業の動画制作に集中できるのです。そして、トップユーチューバーになるほどスケジュール調整、イベント出演など自分でさばききれない業務量こなしてることがわかります。なので多くのトップユーチューバーは事務所に所属しマネジメント依頼しています。ユーチュ-バーの事務所と一緒に出ることが多いキーワードはmcnというものですが、これはマルチチャンネルネットワークの略です。ほとんどすべてのユーチューバー事務所はmcnとして自社でマネジメントしてユーチューバーたちのYouTubeチャンネル一元管理してます。そして、ユーチューバー事務所とmcnはイコールと思って問題ありません。また、広告収益が個人の銀行口座振り込まれるまでの流れはグーグル→個人銀行口座であり、mcnに所属するユーチューバーはチャンネルへの広告表示にグーグルと直接契約ではなくて、mcnと契約をします。このため広告収益のお金な流れはグーグル→mcn→個人銀行口座です。mcnは所属のユーチューバーのマネジメントをする替わりマネジメントフィーを受け取ってビジネスをしています。個人の銀行口座にお金振り込む前マネジメントフィーを差し引きお金振り込む形を取ります。個人でユーチューブチャンネル運営してれば、事務所に所属する方はお金受け取り方に違いがあるのです。また、ユーチューブの甲広告収入に関してお金の流れのみきけば事務所に所属することでマネジメントフィーとられて、本来もらえたお金より少ないお金しかもらえないと思ってしまうでしょう。ですが、当然事務所、mcn所属のメリットがあり、多くのユーチューバーは事務所所属してます。そして、企業案件は企業から商品、サービス提要受け動画制作して自分のYouTubeチャンネルで公開します。企業は影響力があるユーチュ-バーに自社製品宣伝してもらうのを目的にしてて、対価で広告費を払います。基本的にチャンネル登録社数多いほど1本当たりの製作費が大きくなります。事務所所属して企業側へ営業活動、企業とのスケジュール調整など事務所側に代行してくれるユーチュ-バーは動画制作だけ集中できます。ですが、企業案件は事務所に所属してなくても個人で受け取ることができます。